シン・エヴァンゲリオン 劇場版 :|| レビュー【ネタバレ全開】(おすすめ動画)

シン・エヴァンゲリオン 劇場版 :|| レビュー【ネタバレ全開】(おすすめ動画) 動画

(c) 最新映画感想レビュー – 茶一郎 【鍵となる一つの映画から見た】シン・エヴァンゲリオン 劇場版 :|| レビュー【ネタバレ全開】

(c) 最新映画感想レビュー – 茶一郎 さんのチャンネル登録、高評価、お願いします。きっとお気に入りの動画やコンテンツが見つかります。 PCだと動画の左上のアイコンからチャンネル登録も可能です。


簡易掲示板(コメント:ご自由にお書込みください。)





すごい上手にまとまってしまったという感覚なんだか大人になったエヴァに親離れをされたという気持ち、喪失感がすごいですねいつか子離れできると良いのだけれど

ゲンドウのピアノ好きってところと司令ってところカヲル君と同じだよねもしかしたらゲンドウのシンジに対する愛情なんかがカヲル君として具現化してたんじゃ無いかなぁって思う

エヴァから卒業した方が良いんだろうけど、しばらくは抜け出せそうにない…

ネタバレ避けるためにぼかして書きますが、4月から社会人になる自分には見送られてるようでとても刺さる映画だった。子供から大人に、大人から父親になるのは当たり前のように見えて、実はとても尊くて大変なことなんだなって…

スタジオカラーの歴史を描いたアニメ『よい子のれきしアニメ おおきなカブ(株)』にちなんで野菜がかぶだったんだと思う

この映画で一番大人になったのは庵野秀明

戦闘シーン最初CGクオリティ低いなーって思ったけど初号機飛んで壁の空が布(?)のようなもので表現されてる時、に庵野さんやりやがったな!って気づいた笑

語弊がありますが、エヴァでここまで直球な人間讃歌を見せられるとは思いませんでした。素晴らしい最後を飾ってくれましたね。

号泣したかったけど、泣いちゃいけないような気がしたシンジももう泣くことはないだろうし

宗教神話ネタからの考察や空想はできても、映画知識からの語りを一歩引いてできるのはすごい…

旧劇の庵野監督:「エヴァなんか見てないで現実に戻れ」シンエヴァの庵野監督:「エヴァはもう終わり。みんなさようなら(のおまじない)」この対比をここまで明確にした批評・考察はここが初めてです。素晴らしい!!

黒波可愛すぎてLCLなりそうやったわ…

シンエヴァではゲンドウからシンジへの感情が漫画版とかで描かれて居た『ユイを取られた嫉妬』がほぼ描かれていなくて逆に『自分への罰』『ユイのいない世界を受け入れる象徴』になってたのが新鮮だった。そしてシンジを受け入れたらユイを見つけられる...という

エヴァに向き合い続けた人であればあるほど感動したと思う

宮崎駿さんはエヴァは一般人の営みが描かれないから嫌いと言っていたらしいが、庵野監督はこの言葉を踏まえて人々の営みのパート最後に描いたのかもしれないスタジオジブリも関わってたらしいし

3.11が関連あることは、冒頭12分のパリ復旧作業完了時の残り時間『11‘03』からも言えるのかな

初日3回観るぞと意気込んであらかじめ座席予約してましたが、初回を観た後に「これを何度も観てしまうのはこの作品の意図に反してしまうのでは・・・?」と思ってしまいましたね(結局3回観ましたが…)。それくらい卒業式感が強い作品でした。でも、別に我々が無理にエヴァとお別れする必要はないのかなと思います。シン・エヴァはエヴァンゲリオンという出口のない作品に囚われてしまっていたキャラクター、ファン、監督自身がエヴァから出られるようにと作った出口であってまた入口に戻ってみるのも正しい楽しみ方だと思います。それにお別れしてももう一度会いたいと思えばまた会ってもいいと思います。さようならはまた会うためのおまじないなので。

エヴァの無い人生を生きなさい。⇒同人活動なし。作品内で考察の余地がないくらい説明された。僕は次に夢中になれるものを探します。今度はリアリティの物であれば良いですが、、、

裏宇宙のところインターステラみたいでした

コメント欄ではネタバレにご配慮頂けますと幸いです!もう頭の中から『シン・エヴァ』の情報を無くしたくて作った動画ですもう良いのか悪いのか分かりませんが、死んでしまうほどに泣いた映画でした。

漫画版も見ていただくと落とし込める部分が増えるのでおすすめです!

アスカとの海辺のシーンは首締めるんじゃないかと一瞬ドキドキした

マリとは実質喋ったことないシンジだが、俺達の見れないエヴァのない世界で沢山喋って、仲良くなっているだろうだからシンジにとってはマリ「エンド」では無くこれから人生の始まりにマリがいるだけなんだよだからあれはエヴァというお話が完全に俺らの手元から離れたってことだと思う

シンジくんが、涙で救えるのは自分だけって言ってたのがすごく印象的だったと同時に自分に突き刺さった…

CGがチープだったのはこれは虚構ってのを表すのと特撮をゴジラみたく意識してやったんかね

庵野さんは「他の人がエヴァをリメイクする手本を見せたい」みたいなこと言ってたけど、誰もこれは越えられないよ( ・∇・)あぁ、マジでエヴァロス。

予告のシーンほぼ全部入ってて「おー予告のシーンやん!」ってなったわ

最高の形での完結。正に『同窓会ムービー』と名付けます。久しぶりに集まったら、周りは世帯を持ち、仕事の楽しさを感じ、大人になっていた。隅っこで体育座りをする主人公。そんな中、昔仲良かった女子から急に『私、あんたの事好きだったんだ。』と告白。それに戸惑いながら、何故か皆んな大人になれていない俺に優しい。そんな皆の優しさを上手に返せない自分が、一番嫌いで、一番悔しくて。そこで、二次元に『好きだよ』と言われて、心が救われる。遂に主人公は大人になる決意。産みの母親との別れをし、自分を育ててくれた親の所へ。感謝を述べて、血縁でない家族の絆を感じる。元カノ、元カレと別れを告げて。後ろから来るのは、愛する妻。妻に捧げるラブソングを全力で弾き語りした、こっちが恥ずかしくなる、同窓会ムービーでした!最高です!!!

ファンは怒るかなぁ?と思いましたが、自分的にはアレが最適解だと思いました。

見た感想として庵野お前やっぱ最高だせっていう人いるでしょ自分も同じ

完全に終劇しても後何年間かエヴァの考察が続きそうな深さ今までの嘘予告も実は何らかの伏線がありそうやないやはや恐るべし庵野監督

いろいろ考えてシンジくんが望んで作った世界が俺たちの生きる世界っていう解釈に落ち着いた。少年は神話になった!!

流石に映画見てる数が違うなあ落ち着いて観てらっしゃる

観終わって思ったのが何故か「帰ってきた」でしたねさようならエヴァンゲリオン

1から振り返ってみたり 何回も観ないと理解出来ない映画だと思いました。なんか凄い映像と創造力ですねあと胸の大きい いい女とトウジの妹好きなりましたね

庵野監督はオタクの優等生だからねこれを見てるとオタクがよくわかる

今作を見終わって感じたのはただ一つ「清涼感」でした。深い考察はいらない、深く考えずに劇中のストーリーを素直に受け入れることが監督への感謝を示す唯一の方法かなと思いました。

エヴァ、もういくら考察しても完全な真実はわからないようにできてるから俺たちもシンジが創ったエヴァのない世界(つまり現実)に行けっていう監督の示唆なんじゃね。しかも、作中ではエヴァ(機体)がない世界、現実ではエヴァ(作品)がない世界とかけられてる。

考察系ばかり見てたけど、完璧に別視点からの解説でほんとに面白かった

さすが茶一郎さん!映画という文脈で「エヴァ」を語ってくれましたね。大人だなぁ。

25年の重みなんてこれっぽちも無い、あるのは”虚無”だけ。でもその虚無を25年掛けて感じさせる庵野氏はすごいと思う。

動画サイト、Youtube動画で人気のyoutuberを探してみたりお気に入りのVtuberを推してみたり、いろいろなガジェットのレビューを見たり、今の流行を調べたりも出来ますよね。Youtube musicで音楽を聴くも良し、歌ってみた動画や弾いてみた動画、coverしている方やゲーム配信者さんたちを見るのも良いですね。・・・

Youtubeにはジャンルに、■チャレンジ系=〇〇してみた!、〇〇やってみた ■ゲーム実況系 ■音楽系=〇〇歌ってみた、〇〇弾いてみた ■キッズ系 ■Vlog系 ■企業 ■料理グルメ系 ■大食い系 ■レビュー系 ■美容系 ■Vtuber系 ■スポーツ系 ■教育系 ■政治系 ■配信者の切り抜き系 ■TikTok,Twitter,InstagramなどSNSの転載系などなどいろいろありますね。

シン・エヴァンゲリオン劇場版 レビュー に関する情報を厳選してまとめ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました