クリームブリュレとは?

料理簡単レシピ 料理

クリームブリュレとは?

クリームブリュレとは、主に生クリームを使って卵黄、牛乳、砂糖、バニラなどを使い加熱し固めたフランスが発祥のデザート(洋菓子)ですね。
特徴的なのは上に砂糖(グラニュー糖など)を固めたパリパリのアメ状のカラメルを作り食べるときにスプーンでそれを割りながら濃厚なクリーム部分(カスタードソース)とパリパリのカラメルを同時に味わう事で違う触感が味わえて、プリンに比べて高級感を感じるところがいいですね。

語源はフランス語のブリュレ(Brûler)=焦がす、から「焦がしたクリーム」になります。

似た料理のクリームブリュレとプリンとの違いは?

生クリームを主に作られるクリームブリュレに対し、プリンは主に牛乳と全卵から作られます。

クリームブリュレはクリームを加熱し出来上がったものにパリパリの焦がしカラメルを上に乗せるのに対しプリンはカラメルを器の下に入れてからクリーム(カスタードソース)を入れ加熱して作られます。
似た料理にカタラーナと言うものがあります。

クリームブリュレとカタラーナの違いは?

カタラーナはどちらかと言うとケーキに近いプリンと言ったところでしょうか。イタリア発祥のデザート(洋菓子)です。
カタラーナは型(バット)などに牛乳に玉子や砂糖にコーンスターチや小麦粉などを入れて加熱もしくは固めることで作られます。なので少し、ケーキに近い感じになりますね。出来上がったものにクリームブリュレと同様に上に砂糖をかけて、バーナーで焦がし完成です。

クリームブリュレもプリンもカタラーナもどれも原材料が同じものを多く使われて完成品もコクや風味に違いはあれど同系列の商品と思ってよいと思います。好みで作り分けてみるといいと思います。

さらに広義になってくるとパンナコッタも近い料理になります。
そうすると、ムースやババロアもです。最初のレシピと近い料理は多く存在しますね。

料理名の定義にこだわる必要はない。

クリームブリュレとプリンとの差に生クリームの使用の有無がありますが現在は生クリーム使用のなめらかプリン系のプリンも多くあります。同様に、パンナコッタは卵を使わずゼラチンで固めますがプリンにもゼラチンで固めたプリンのレシピも多く存在します。

名前の違う料理でありながら二つの料理の境目が曖昧なものも多くそれで良いと思います。試行錯誤の中で料理は発展し新しい味、新しい料理が出来上がりますからね。

アレンジ料理

コンビニでプリンにも練乳プリン、いちごプリン、コーヒープリン、抹茶プリン、紅茶プリン、牛乳プリン、かぼちゃプリンなどいろいろあるようにクリームブリュレ、カタラーナ、プリン共に、アレンジしやすく様々な食材と合わせやすいのでお好みの食材と合わせて作ってみても良いと思います。パンナコッタも抹茶味や紅茶味などを見かけますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました