簡単レシピ、居酒屋風の味噌だれ、キャベツにあう

料理簡単レシピ レシピ

キャベツに付けて食べる居酒屋風の味噌だれをご存じですか?

居酒屋さんでキャベツの5~7cm程度に切られた葉に味噌だれが別皿で付いていて、キャベツをその味噌だれに付けて食べるとキャベツの甘みを強く感じて生の大きめに切られただけのキャベツがおいしく感じられる料理なんですね。見たことが無い人にはキャベツを千切りにすらしないまま大きな葉っぱのままなんて人間の食べるものなの?って思う人も多いみたいなんですが、食べてみると、不思議なぐらい甘さを感じるんです。居酒屋さんを中心に流行っておじさんたちの中には知っている人も多いと思います。女性だとチェーン店の居酒屋で置いているところがあるのを見かけない限り、あまり普段目にすることもないので、大きく切られただけの生キャベツをそのまま食べることに抵抗を感じる人もいるようです。ネットだとやみつき味噌だれって名前で書かれてたりするのかな。

なぜ味噌だれと生キャベツが合うの?

単純に言ってしまうと味噌だれ自体の辛味とコクがキャベツ本来の甘みを最大限引き出していて甘さが際立って感じられるためだと思います。とっても美味しいので試してみてください。それと味噌だれ自体がいろいろな料理にも使用できるので少し多めに作って他の料理にも使用して見ても良いと思います。冷蔵保存でそこそこ持ちますので。

簡単味噌だれレシピ

材料:

「味噌」

味噌の種類は白味噌に近いものが合う気がしますが赤味噌でも地域性のものや使い慣れたものをご利用ください。

「味醂風調味料」(または本みりん)

本味醂でもいいのですがご家庭の場合火入れでアルコールを飛ばす必要があります。その手間は避けた方がいいので味醂風調味料を使用することをお勧めします。

「ニンニク」

すりおろしたものを使います。チューブのもので大丈夫です。

「砂糖」

通常の上白糖でOKです。

「七味唐辛子」(または一味唐辛子)

七味唐辛子を使った方が味に複雑さが増して良いと思いますが一味唐辛子でも問題ありません。

これらの材料を混ぜるだけで完成です。とっても簡単にできます。

出来上がった味噌だれにキャベツを大きめに切って食べてみてください。美味しいですよ。

※2020/10/06いつも味見をしながら適当に混ぜていたため細かい分量の記載は後日改めて記載します。

味噌だれは、ほかの料理にも使える。

焼き鳥屋さんで焼き鳥を塩で注文すると味噌だれが付いてくることがあるのはご存じでしょうか?その味噌だれもこの味噌だれとほぼ同じです。なので焼き鳥を作った時や、スーパーなどで焼き鳥を買った時なども、この味噌だれを少し付けて食べてみてください。とっても合います。

餃子の味噌だれとしても、餃子を食べるときに一般的には醤油を使うと思います。ラー油やお酢を入れたり好みでいろいろありますが、醤油が入った所にこの味噌だれを少し混ぜて溶かしてみてください。醤油にコクが増した状態になり餃子にもとっても合います。

焼肉のたれにも、この味噌だれを少し加えて溶かしてみるとたれにコクが増してちょっとしたアクセントになってお肉に合います。

鶏のから揚げにも、鶏のから揚げを作ったり買ってきたりしたら少しこの味噌だれを付けて食べても美味しいです。

いろいろな料理に合いますのでお試しいただけるといいなと思います。

市販品に味噌だれって売ってはいますが主に焼肉のたれに分類されるものが多く、種類もそこまで多くはスーパーにおいていませんよね。焼肉のたれのベースになっているために水っぽいタイプのものが多いのでキャベツに付けるタイプだと自家製(手作り)が基本になりますかね。

簡単レシピに関する情報を厳選してまとめ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました